【判例】 イオンが招福巻の商標で逆転勝訴

“節分に丸かじりする縁起物の巻きずし「招福巻」を商標登録している大阪市中央区の老舗すし店「小鯛雀鮨(こだいすずめずし) 鮨萬」が、「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で巻きずしを販売した大手スーパー「イオン」に、名称使用の差し止めと約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、商標権侵害を認めて使用差し止めと約51万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を変更、鮨萬側の請求を棄却した。”(Yahooニュースより抜粋)

第2審はイオンの逆転勝訴となり、この後に最高裁にまで持ち込まれるも上告不受理となりました。 高裁は「『招福巻』と『十二単の招福巻』は類似しているものの、『招福巻』は遅くとも平成17年までには普通名称となっていたため商標権の効力が及ばない」と判断しています。

招福巻事件の判決全文はこちら

藤川特許事務所

大阪事務所

大阪市中央区北浜3丁目6番13号 日土地淀屋橋ビル5階 電話:06-6203-5171

尼崎事務所

尼崎市長洲西通1丁目1番22号 藤川ビル2階、3階 電話:06ー6481ー1297

詳しい事務所案内はこちら

メールでのお問い合わせはこちら